×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高額日雇いバイトの効果的な探し方

日雇いバイトといえばひと昔前までは求人雑誌や新聞もしくはある特定の場所があって、早朝からそこに立っていると建築関係の親方達がやって来て欲しい人数だけ連れて行くといったシステムがありました。
しかし現在ではインターネットやウェブの普及とともに、求人サイトとよばれるアルバイトの求人募集を網羅したサイトがポピュラー化してきています。
更には求人雑誌もフリーペーパー化が目立ってきて、求人情報誌は手近なアルバイト情報としてコンビニや本屋、更には給油所など様々な場所で手に入るようになりました。そしてそれに合わせて無料化も進んできています。
インターネットでのアルバイト情報検索ではfromA naviなどがが特に有名ですが、これはインターネットの普及と同じく求人情報へのコスト意識・若年層のアルバイトの探し方などが徐々に現在の日雇いバイトの探し方と一致してきた結果でしょう。

給料と雇用保険制度について

実は日雇い労働者の生活を保護する為に日雇い雇用保険制度は法律で決まっています。
具体的な内容はを高額日雇いバイトを終了した後に、給付を受けようとする月の前月もしくは前々月において合計26日以上の日雇就労を日雇雇用保険適用事業所で行います。
その次にやるべき事は実際にに働いた会社から雇用保険被保険者手帳(日雇手帳、センター手帳)に雇用保険印紙を貼り付けてもらいます。その貼り付つけた印紙の枚数に応じて1ヵ月につき13日〜17日分に相当する日雇失業給付を公共職業安定所から受けることができます。
貼り付けられた雇用保険印紙には会社から日雇い労働者に対して支払われた日当の額に応じて一級から三級までに分類されますがその級の違いによって日雇失業給付金額が変わってくるのです。
ハローワークのホームページに詳しい等級や金額が記載されていますので参考になされてください。

日雇い労働者の実情と現実問題

通常のサラリーマンのような雇用形態とは違って、実際には日雇い労働という雇用形態が様々な職種において存在します。
そしてある特定の会社と短期、長期に問わず労働契約を結ぶとその会社は日雇い手帳というものを発行することが義務付けられています。
しかし実際に日雇手帳を持っている人の職種としては工場従事者やトラック運転手、建設現場作業員がかなりの部分を占めていると思われます。その理由としては期間限定社員や季節社員などを多く雇っているからと思われます。
そこで日雇い労働者に対する雇用の問題点が発生してきます。実際には大半の日雇い労働者は特定の会社や事業所で継続的に就労していますが一部の日雇い労働者は日々、会社や事業所職種を転々と変えています。その一部の日雇い労働者には日雇い手帳が発行されないと言う現実問題があるのです。
そして日雇い手帳を持ってないが故に雇用保険の存在すら知りません。その結果収入が安定しないためその日暮らしになりやすく、定住地を持たずにドヤ街やネットカフェなどの安価な宿泊所で生活するものも近年では増えてきているのが日雇い労働者を取り巻く実情となっています。

Copyright © 2008 高額!日雇いバイト